小学受験・中学受験・大学受験で抜群の合格実績
広島で進学塾を選ぶなら、大木スクール
ゲスト さん
Googleサイト内検索
大木スクール
【本部】
【大木スクールこぐま会広島校】
【四谷大塚NET広大附属前校】
〒734-0015
広島市南区宇品御幸1丁目17-5
TEL 082-252-2343
FAX 082-252-9008

【大木スクール大学受験部】
【東進中学NET広大附属前校】
〒734-0005
広島市南区翠1丁目3-11
TEL 082-252-4049
FAX 082-209-6049

【東進衛星予備校広大附属前校】
〒734-0005
広島市南区翠1丁目3-17
TEL 082-250-8868
FAX 082-250-8898

このページは
安全なSSL暗号化通信で
保護されています。
大木スクール こぐま会について|広島の学習塾・進学塾・個別指導|大木スクール

こぐま会の3つの教育方針

1.「教科前基礎教育」という考え方

こぐま会の提唱する教科前基礎教育とは、小学校入学以降に始まる教科学習を支える考え方の基礎を、子どもたちの生活や遊びにテーマを求め、発達段階にみあった内容と方法で指導しようというものです。ですから、いまはやりの「早期教育」つまり、何でも早い方がいい - という考え方とは異なり、その時期にふさわしい方法で、基礎体験を積み上げることをこぐま会では求めています。

2. 「事物教育」の実践

幼児期の教育方法の基本は、事物に対する働きかけを、どこまで保障してあげられるかということに要約されます。つめ込み主義の教育の一番の誤りは、子どもたちの主体的な働きかけを最大限ひきだすのではなく、どれだけ多くの情報や知識を注入するか、ということに教育全体が集中する点です。こうして形式的な教え込みが、ひんぱんに行われることになります。しかしそのような指導では、論理的な思考力が育つはずはありません。こぐま会では、指導する内容にあわせ、できる限り具体物を用いた授業を考えています。

3. 「対話教育」の実践

幼児期の子どもたちの教育では、文字を読ませたり書かせたりする前に、指示を聞いて問題を考えたり、考えたことを言語で説明したりすることを基本とします。特にペーパーワークでは、「できた - できない」で子どもの能力を判断しがちですが、できても、できなくてもどのように考えたかを言語化させることによって、子どもの思考のプロセスを把握し、適切なアドバイスをすることが必要です。また、「言語を通して思考を育てる」ためには、対話教育を実践することが、大変重要になってきます。

お問い合わせは下記のメールフォームからか、お電話(082-252-2343)にてお問い合わせください。

お問い合わせ・お申込みの内容を選んでください。
10月22日(日)開催 教育セミナーの参加について
同日実施の適性診断テスト参加の方のみ対象のセミナーとなります。
生徒氏名
フリガナ
お子様の生年月日
性別
保護者氏名
フリガナ
学年
お通いの幼稚園または保育園
住所
半角数字7桁(ハイフンなし)
都道府県
地名・番地
建物名・部屋番号
電話番号
日中つながる電話番号をご記入ください。
メールアドレス
資料請求を希望する
問い合わせ内容
個人情報の取り扱いについて同意する
Copyright(C) 2007- 大木スクール All rights reserved.
【本部】
【大木スクール小学受験部】
【四谷大塚NET広大附属前校】

 

【大木スクール大学受験部】
【東進中学NET広大附属前校】

 

【東進衛星予備校広大附属前校】